MENU

シリコンバレーのベンチャー・キャピタルの中でも、グーグル・ベンチャーズ(GV)はユニークな存在と言える。

まず、グーグル(現アルファベット)の企業内ベンチャー・キャピタルであるという点。シリコンバレーのベンチャー・キャピタルは歴史的には投資専門会社がほとんどで、今でも企業の投資部門は少数派だ。

それでいてGVは、後発でありながら今や有力な存在となり、また自社の事業には無関係な幅広いポートフォリオを持っている点も特異だろう。真に新しく、将来性のある技術やビジネスを見いだそうとしているようだ。

ちなみに、投資分野は消費者向けサービス、生命科学および医療、データおよびAI、企業向け、ロボットと分かれており、ウーバー、スラックなどよく知られたテクノロジー企業もあれば、ブルーボトル・コーヒーといった飲食業、メディウムなどのメディア企業も含まれている。

さて、GVはデザインに力を入れているのも、ユニークな点だ。この場合の「デザイン」というのは、GVのメンバーにデザイナーが数人含まれているということと、デザイン思考の方法論をGV流に改訂して、ポートフォリオ企業の製品開発に役立てているという意味である。この方法論が「デザイン・スプリント」だ。

デザイン・スプリントは、GVのデザイン・パートナーであるジェイク・ナップ氏から始まった。ナップ氏は、もともとグーグル内のデザイナーとしてGメールなどの開発に関わっていた。時間の使い方に意識的な同氏は、社内でデザイン思考による開発を実験してみようと思い立つ。「デザイン思考」あるいは「デザイン・シンキング」と呼ばれる開発方法は、デザイン会社IDEOやスタンフォード大学のd.スクールで確立されたもの。だが、広く受け入れられているその方法を、グーグル流に変える必要を感じたという。

通常のデザイン思考では、対象のユーザーを観察し、問題を特定し、ブレーンストーミングを行い、プロトタイプを作り、ユーザー・テストを行って、また最初に戻る、という流れを繰り返す。ところが、ナップ氏は次の点で改訂の必要性を感じた。

ひとつは、ブレーンストーミング。ナップ氏は、優れたアイデアはみんなの中からではなく、個人から出てくることが多いと見た。そして、みんなでグレーンストーミングをする代わりに、個々人がアイデアを書き出すという作業に変えた。

また、問題を特定する部分は多数決や全員の合意では、特異なアイデア、大胆なアイデアは敬遠されがちになることにも気づいた。そこで、デザイン・スプリントでは、たったひとつのアイデアを選ぶのではなく、紙に書き出されたアイデアの中から、いいと思うところを参加者みんながシールを付けていき、後に絞り込むという方法を採っている。

さらに、全体の時間が違う。デザイン・スプリントでは何と25日で作業を終えるというスピーディーぶりだ。それも、ナップ氏が「締め切りに迫られた方が集中していいアイデアが出る」ということに気づいたからだという。

このようにしてGV流になったデザイン・スプリントは、次のような6段階の流れで行われる。

まず、ユーザーのニーズやテクノロジーの可能性を「理解する」第1段階。ここでは、関係者の話を聞いたり、競合の製品を比べたりする。第2段階は取り組むアプローチを「定義」する。最終的に何を目指すのかを考えるために、ユーザーが利用に慣れていくユーザー・ジャーニーを想定したり、「使いやすい」「楽しい」といったデザインの方針を考えたりする。

第3段階ではいろいろな方法を「探索する」。ここでは、アイデアを短時間にたくさん出したり、反対にひとつのアイデアに集中して取り組んだりといった方法を採りながら、アイデアを生む段階だ。そこからいいアイデアを「選定する」のが次の第4段階。声に出さずに思考したり、特定の視点を想定して、アイデアの有効性を検討したりする。

第5段階で「プロトタイプを作る」。モックアップ、デモ、ビデオなど、いろいろなかたちがあり得るだろう。そして最後の第6段階が、方法の「立証」だ。ユーザー・テスト、関係者からのフィードバックなどでアイデアの有効性を確認するという作業である。

ナップ氏は、「デザイン・スプリント」の方法論で、GVが関わるスタートアップで数々の開発を支援してきた。GVの同僚との共著で『デザイン・スプリント』という本を出した上、その基本についてはウェブでも公開している。

デザイン思考を自分たちに合った方法に変えていくこと、これもまたデザインのひとつの作業と言える。

Noriko Takiguchi
Noriko Takiguchi

インプロをご存知でしょうか?

インプロ(即興劇)とは、台本の無いお芝居です。複数のプレイヤーが、ほぼ打ち合わせ無しで、お互いのアイデアを受け取りながらストーリーを紡いで行く芸術です。何が起きるかわからない、それがインプロです。

日本にインプロが「渡来」してから20余年、徐々に認知度が上がり、教育現場、福祉の現場、企業研修でも活躍するようになりました。
海外では、既に多くの企業がこのメソッドを取り入れており、私の恩師であるRebecca Stockley(サンフランシスコのインプロ団体BATS所属)は、Disney Pixar で長年ストーリーテリングを教え、「モンスターズ・インク」などの作品に貢献しています。
http://www.improvlady.com/

私も1997年から教育、企業の現場で仕事をしています。様々な演習を体験、体感して頂き、そこからのリフレクションから気づきを得る、そんなワークショプです。そこで、私が度々目撃するのは、身体と頭がガチガチに固まっている方々です。何かの課題を出された時、腕を組み、ベストのアイデアを探し考え込み、行動に移せない、そんな様子です。

photocat2.jpg

■ガチガチな状態の参加者に、"ボール"を使って感情を刺激する佐久間氏

しかし、インプロでは常にストーリーは流れています。ベストなアイデアを探し、考え込んでいても、思い付いた時にはタイミングを逸してしまうのです。そのためよいアイデアが頭に無くても、「考え込んでないで身体を動かして!感情から入って理由はそのあとに考えて!」と言われます。すると、遠くからシーンを眺めているときには思いいつかないことも、その場に飛び込むとアイデアが浮かぶものです。

例えば、こんな稽古をします。「デート」のシーンです。
知性で何とかしようとする女性のプレイヤーがいるとします。初心者ではよくある事です。私はこう指示します。「相手の男性の顔を見て!」、または「匂いを嗅いで!」、または「空を見て!」、とにかく「考えないでただその行動をして!」と。
男性の顔を見ると暗い決心したような表情から、別れを感じるかもしれません。匂いを嗅いだら、自分とは違う女性の香水の匂いするかもしれません。空を見たら、ジェット機で「結婚しよう!」という飛行機雲を発見するかもしれません。思考を巡らせる前に、飛び込んで実際に行動する。ただ、やってみる。するとアイデアが下りくるものです。これを、身体が教えてくれるという事です。今ここで感じて、下りてきたアイデアは、新鮮であり、相手も共有しやすいのです。

私は、ビジネスパーソンにも、考え過ぎず、まずはやってみる、身体から飛び込んでみる事をお薦めしています。凝り固まった心と身体をほぐすと、そこからエッジを超えたアイデアが出るものです。

私たちも、何もアイデアが無い時に、飛び込んでいく事は、初めは怖いものでした。しかし、身体が教えてくれることを体験するうちに、飛び込む事の恐怖は無くなりました。それでも、飛び込んでも何も思い浮かばない事はあります。どうなるのでしょうか?そんな時は、仲間がリスクを共有し、アイデアを持ち込んでくれます。助けてくれます。お互いを助ける、輝かせる。良いインプロのチームほど、それが上手です。

皆さま、まずはインプロを観にいらしてください。私たちがどう体現しているかを、ご覧ください。

そして、インプロワークショップなどで、ご自身も体験、体感してみてください。

■セミナー情報はこちらから


インプロシアターTILT主宰 佐久間一生

Kazuki Sakuma
Kazuki Sakuma

インプロシアター TILT
代表

14 May


こんにちは、mctの藤田です。

5/13(水)の『上町座』は、弊社大阪オフィスにて、ゲストをお迎えしてのセッションでした。
講師はインプロシアターTILT主宰の佐久間一生さんで、即興演劇によるチームビルディングを体験しました。

11216258_902954739750783_617335343819214329_n.jpg

この日は、"他者を受容する「ちから」"、"固定概念に囚われず柔軟に対応する「ちから」"を、体を使ったアクティビティを通じて学びました。他人の発言のオトではなくイトを汲みとる、非言語の情報に対応する、など、頭では分かっていてもなかなか実践できないことをインプロで習得することで、イノべーティブなチーム作りを可能にします。
mctでは、佐久間さんとのコラボメニュー「イノベーションチームワーク」を用意しております。もしご興味ある方がいらっしゃいましたら、お問い合わせください。
https://www.daishinsha.co.jp/mctinc/contact/index.html

Yosuke Fujita
Yosuke Fujita

株式会社mct
プロジェクトデザイナー/イノベーションコンサルタント

13 March
2015年03月13日 14:37

場をつくる力

こんにちは、mctの浅井です。

先日3月9日、インプロシアターTILT主宰の佐久間一生さんをお招きして『チームのマインドセットを革新するインプロ手法 体験ワークショップ』を開催しました。

"即興劇"を意味する"インプロ"には「相手を受けとめ、肯定的に捉え、柔軟に対応し、自分の役割を発揮する力」が必要とされます。
ビジネスでも同じことがいえそうですよね。安心して受け入れてもらえる場、自分を自由に発揮できる場、みんなで作り上げていく雰囲気のある場でこそ、それぞれの力が最大限発揮できます。しかし、わかっていてもなかなかできないもの。

佐久間さん曰く「露天風呂理論」というものがあるそうです。
みんな裸でリラックスしている中に、ひとり服を着て覗いている人がいたら、とたんに興醒めしてしまいます。会議やワークショップでも、そんな人いませんか? もしくは、そんなもうひとりの自分が自分の内側にいませんか?

このワークショップでは、みんなが裸になって同じお湯に入りたくなるように、いろんな手法を使ってマインドセットを革新していきます。今回トライアルで参加した弊社メンバーも、写真のようにすっかり心を解放してしまいました。(「振り子時計」になっているそうです(笑))

10987316_869655929747331_697378255239559363_o.jpg


その他にも、「普段から立場に関係なく、対等に意見を言い合える雰囲気づくりが大切だとわかった」「相手に肯定してもらえるのは予想以上に気持ちがよかった」「普段のブレストはどうしても相手の意見を否定しがち。メンバーのアイデアを否定せずにどんどん積み上げていくことで、思いもよらないアイデアが出そうな気がする」など、いろいろと体感していただけたようです。

ぜひこの機会に、マインドセットが革新される瞬間をご自身で実感してみてください。


『チームのマインドセットを革新するインプロ手法 体験ワークショップ』
・東京 担当:大長(おおなが)ohnaga@mctinc.jp
・大阪 担当:藤田(ふじた)fujita@mctinc.jp
・問合せフォーム https://www.daishinsha.co.jp/mctinc/contact/index.html
●講師である佐久間一生さんのプロフィール
http://www.impro-tilt.com/profile_sakuma.html

Nanasa Asai
Nanasa Asai

株式会社mct
エクスペリエンスデザイナー

Back to Top