MENU

こんにちは、mctの白根です。

この度、株式会社mctでは、1990年からダイヤモンド社が主催してきたDMN(ダイヤモンドデザインマネジメントネットワーク機構)の企画・運営を担当させていただくことになりました。

深澤直人氏の『WITHOUT THOUGHT』や、濱口秀司氏など世界で活躍するイノベーション実践者による『イノベーションメソッドプログラム』に加え、5月から、新たに「サービスマネジメント」「IoT」「グローバル戦略」「リーンスタートアップ」「オープンイノベーション」「顧客経験(CX)の6つのテーマからなる『ビジネスデザインプログラム』がスタートします。各テーマの理論・背景から組織における実践、成功のポイントまでを1日で体得する画期的な内容で、最高の講師陣による、最高のプログラムに仕上がったと自負しております。

例えば、一橋大学大学院藤川准教授による、第1回目の「サービスマネジメント(5月17日)」の内容をご紹介しましょう。

 

皆さんの中には、これまでに「サービス・マネジメント」という言葉をお聞きになったことがある方はい らっしゃいますでしょうか。経営学においても比較的新しい領域である「サービス・マネジメント」は、サービス業だけを対象とした研究でもなければ、学術成 果のみを目指す学問でもありません。また、「脱コモディティ化」、「製造業のサービス化」、「モノのインターネット」などの現象に見られるように、サービ ス企業にとっても、モノづくり企業にとっても、従来の産業の垣根を超えて「サービス・マネジメント」の重要性が高まりつつあります。近年、世界経済のサー ビス化に伴い、経済成長の機会や課題をどうとらえるかに関する議論が、世界規模で、産官学の枠を超えて、国家政策や産業振興、企業戦略など様々なレベルで 活発化しつつあります。

 

本セッションでは、まず、現在、地球規模かつ数十年単位で進む変化を三つのキーワード

SHIFT(世界経済のサービス化の進展)、

MELT(産業の垣根がますますあいまいになりつつある)、

TILT(世界経済の重心が北半球から南半球に傾きつつある)

を通して紹介します。

 

そして、新たなサービス・ビジネスの可能性について、近年世界規模で議論が進む「サービス・ドミナント・ロジック」の観点から議論します。サービス・ドミナント・ロジック(S-Dロジック)とは、「価値づくり」に関する新しい一つの世界観で、その特徴は、総ての経済活動をサービスとして捉え、「交換価値」でなく「使用価値」を重視し、顧客を「消費者」ではなく「価値共創者」として捉えるところにあります。

 

また、「価値共創 」の概念を複数の顧客グループに拡張してとらえる「マルチ・サイド・プラットフォーム (MSP)」の考え方を紹介します。近年話題の世界的な先進企業や事業事例の多く、たとえば、

Airbnb(世界190ヵ国に展開する空部屋シェアサイト)

NestGoogle傘下のスマートホーム企業)

Uber(スマートフォン・ベースのハイヤー配車アプリケ-ション)

Waze(ユーザー同士がリアルタイムの渋滞情報や道路状況をシェアするソーシャル・カーナビゲーション)

等を見ると、いずれもその経営戦略や事業構築の根底に「MSP」の発想を見出すことができます。

 

S-DロジックやMSPの観点から自社の未来をとらえた場合、どのような機会や課題がみえてくるでしょうか。

 

 

プログラム アジェンダ

1.いま世界規模・数十年単位で起きていること

  「地球儀」視点でとらえる「SHIFT」「MELT」「TILT

2.サービス・ドミナント・ロジック

  価値共創の概念、交換価値と使用価値

3.マルチ・サイド・プラットフォーム

  「価値共創」の拡張、価値創造と価値獲得 

4.ワークショップ | 価値共創の未来

  A. SDL - サービス・ドミナント・ロジックへの転換

  B. MSP - マルチ・サイド・プラットフォームの視点

 

(プログラムメッセージ/アジェンダ 藤川佳則)

 


いかがですか。あなたの組織がいままさに取り組むべきテーマではないでしょうか。

その他、すべてのプログラムをweb上でご確認いただけますので、まずはプログラム詳細をご確認ください。DMN『ビジネスデザインプログラム』は、あなたの組織のビジネス創造を強力にサポートすると確信しています。

是非とも『ビジネスデザインプログラム』への参加をご検討ください。


DMN

http://www.dmn-program.jp/index.html

Hideaki Shirane
Hideaki Shirane

株式会社mct
代表取締役CEO/ストラテジスト

こんにちは、mctの米本です。

先日219日より、mctの新たな活動として『Convivial Salon』がスタートしました。さまざまな業種、職種で働く人々が、その垣根を越えて集い、対話し、楽しみながら学び合おうという趣旨のもとに企画したイベントです。「Convivial」という単語には「懇親的な」「陽気な」「お祭り気分の」といった意味があり、参加者が気軽に交流しながら楽しく学ぶことができる場づくりを目指しています。


企画の背景にあるのは、われわれmctの大切なポリシーの一つである[Co-Creation/共創]という考え方です。ユーザーを"顧客経験のエキスパート"として招き入れ、参加者全員の創造力を使って課題発見・課題解決に向き合う手法です。Convivial Salonもこのような思想をもとに、mctメンバーがパートナーの皆さんとともに学び、成長できる場を作りたいと考えて企画しました。

 

1回目は「オープンイノベーションで勝つ企業、負ける企業」と題して、早稲田大学ビジネススクール・樋原伸彦准教授をゲストスピーカーにお招きし、約50名の参加者全員が集まってオープンイノベーションについて学びました。


yonemoto_1.jpg

はじめに樋原先生からオープンイノベーションの理論や事例についてご紹介いただき、その後は参加者が自社での取り組みやその問題点などを挙げながら対話を行いました。最初は慣れない場で緊張感も見られましたが、徐々に空気が温まってくると、参加者の方々から様々な意見が飛び交うようになり、終了する頃にはものすごい熱気で会場が一体となりました。


yonemoto_2.jpg

参加者からは、オープンイノベーションの取り組みに関して、その概念の難しさから目的や意図が共有されないまま取り組まれているケースも多いことや、取り組みの成否を決める評価基準が不明確であるといった問題点が共有されました。また、それらの問題点に対して「オープンイノベーションの独立組織」や「業績好調時の新規事業投資」、「撤退戦略の事前策定」など興味深い解決策のアイデアもいくつか出てきました。


面白かったのは「出島」のメタファー。江戸幕府の鎖国時代に唯一、外国との貿易が行われた長崎の「出島」のように、オープンイノベーション活動は既存事業の組織やプロセスとは切り離して考える仕組みが必要であるとする意見です。私たちがよく見聞きするイノベーション事例は、その「成果物」に焦点が当てられていることが多く、「プロセス」を正しく定義することの重要性が十分に認知されていないのかもしれません。


イノベーションがうまくいかない要因は、とかく企業の文化や価値観の問題にされがちです。もう一歩踏み込んでルールやシステムの問題として捉えることで、イノベーションと正しく向き合うことができるのではないでしょうか。

 

参加者の方々が所属する企業の多くにおいて、オープンイノベーションはすぐに実現できる取り組みではないものの、そのコンセプトへの理解を深め、可能性を探索するという点で、貴重な機会になったのではないかと思います。

当日の配布資料をダウンロードしてご覧いただけます。


【配布資料ダウンロードはこちら ⇒ 配布は終了しました。ご興味のある方は直接お問合わせください 



yonemoto_3.jpg.png



Convivial Salonでは今後も経営やマーケティング、デザインといった様々な分野のテーマを取り上げながら定期的に開催していく予定です。

 

○ビジネステーマについて熱く議論したい人

○自社の課題解決の答えを社外に求める人

○お酒を酌み交わしながら気軽に交流したい人

○終業後の時間を有意義に使いたいという人

○学習や成長の機会を求める人

 

そういった方々のご参加をお待ちしております。ぜひ今後もご期待ください。


Akihiro Yonemoto
Akihiro Yonemoto

株式会社mct
エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

昨年1215日に「米国企業から日本企業が学ぶべきグローバル戦略」というテーマでセミナーを開催しました。ゲストスピーカーとして私たちのグローバルパートナーであるアランカのニラージャさん、カナンさんに来日していただき、グローバル戦略における米国企業と日本の企業の違いや学ぶべきポイントを語っていただきました。

新しいビットマップ イメージ0.bmp

 

■アランカのご紹介

アランカは2003年にロンドンで創業。現在600名の社員から構成されています。拠点はニューヨーク、シリコンバレー、ロンドン、インドのムンバイ、デリー、チリと今もなお拡大しており、リサーチセンターがムンバイにあります。得意分野は、「インベストメントリサーチ」「企業研究」「評価サービス」「知的財産研究」。フォーチュン500に名を連ねる大企業から、投資銀行、証券会社、政府機関を含む1700 以上のグローバル企業の問題解決をサポートしています。

 

mctとアランカ

お客様のテーマに合わせて、ストラテジックリサーチとデザインリサーチをカスタマイズしてご提供しています。たとえば、「グローバルに進出する際、新たな市場に参入したいがどこの国が最適なのか、また、その国における競合企業の基本情報や戦略を知りたい」、「M&Aをしたいが、最適な企業が存在するのかどうか」、等々のストラテジックリサーチを主にアランカが担当し、その後、地域や人々の深い理解~ユーザゴールの理解、プロダクトデザインやサービスデザイン、コミュニケーションデザインへの展開、といったデザインリサーチをmctが担当します。

 

■セミナーの内容 

○米国企業と日本企業の成長の歩み

前半は戦後~現在までの両国の成長の歩みについて解説してもらいました。1990年までは両国とも同様に伸びていたのに1991年以降、日本企業の伸びが鈍化。PWCのグローバル企業トップ1002015年版)には米国企業が「53社」も選ばれたのに対して日本企業はわずか「2社」。直近25年間の株価の伸び率も米国の「12.3%」(S&P500社)に対して日本は「-3.5%」(日経225社)といったデータを示してもらいながら、現在に至る両国の違いを説明いただきました。

新しいビットマップ イメージ.jpg

 

○米国企業の取ったグローバル戦略

1991年以降、なぜ米国企業は成功したのか?米国企業の取ってきたグローバル戦略にについて4つのポイントをあげてもらいました。

 

1.新興市場への積極的なアプローチ

米国企業には国内の需要が下がれば、その分は海外の別の国で需要創造してカバーするという決断の早さ、積極性があります。新興国へのこれまでの投資額をみると、米国企業は日本企業の「4倍」もの投資を実行しています。

 

2.国際的なM&Aの推進

2013年~15年における国際的なM&A件数を比較すると日本企業の「6700件」に対して米国企業は「31000件以上」。

 

3.現地に合わせたビジネス戦略/ビジネスモデルの最適化

現地に適用できるように適時ビジネスモデルを柔軟に見直しています。マクドナルドのロシア進出、ジレットのインド進出、デルの中国進出等具体的な事例を交えて、現地に合わせた最適化とはどのようなものか、解説してもらいました。

 

4.イノベーションを使ったグローバル進出

米国企業はイノベーションを通じてグローバル市場の可能性を追求してきました。Forbesの世界で最もイノベーティブな企業100の中において米国企業が「47社」選ばれたのに対し日本企業はわずか「7社」。特許申請数も1999年時点では日本企業の方が倍近く上回っていましたが、2013年にはとうとう申請数で米国企業に抜かれました。米国企業は特許の製品化がうまく、自社で製品化が難しい場合はパートナーを見つけてライセンス展開をするなど、R&Dの費用対効果について意識が高いのも特徴です。

 

○日本企業へのアドバイス

アランカから日本企業に5つのアドバイスをもらいました。ここでは2つご紹介します。

 

1.社内でのシリコンバレー化

インテル社が実行しているように、社内で「ミニ・シリコンバレー」のようなアイデアをサポートする環境を作り出す。具体的にはメンターを用意したり予算を確保するなど、イノベーションを起こそうとするチームをサポートするエコシステムを社内で用意してはどうか?

 

2.グローバル進出をするという視点を持ち続ける

R&D戦略を考えたり、R&Dと交渉する際、国内だけに目を向けるのではなく、常にグローバルに目を向けた製品開発を意識して取り組む。そのことによってモノの見方が変わるのではないか?

 

残り3つのアドバイスについては、当日の配布資料をダウンロードしてご覧いただけます。

また当日のセミナーの詳しい内容が知りたい方はお気軽にお問い合わせください。セミナー映像のお渡しも可能です。


【配布資料ダウンロードはこちら ⇒ 配布は終了しました。ご興味のある方は直接お問合わせください 



Ichiro Tsukada
Ichiro Tsukada

株式会社mct
執行役員CMO/
プロジェクトデザイナー/イノベーションコンサルタント

27 August
2015年08月27日 13:28

9/26 ケアクリ会議 Vol.2

こんにちは、mctの大長です。

医療・介護・福祉などケアの現場で活躍する人材と、デザイナーやクリエイター、企業内イノベーター、社会起業家などのクリエイティブ人材が出会うイベント「ケアクリ会議」のご案内です。

ケアクリ会議.png

こちらは、「ケアとクリエイティブ」について共に学び、語り、考える、参加型のトークイベントで、今年のテーマは「ケアの課題をクリエイティブにプロデュースする方法!?」。当日は、「じゃあ、どうやって?」の部分を、3人のゲストスピーカーから話題提供していただき、参加者同士の問題意識の共有の場や、クリエイティブな課題解決の方法を探る対話の場など、盛りだくさんの内容です。

ご興味ある方は是非!

================================

ケアクリ会議2015
2015月9月26日(土)13時~19時
東京都中央区日本橋 日本橋ライフサイエンスビル201大会議室にて
https://www.facebook.com/events/1616723031913649/

Nobuyuki Ohnaga
Nobuyuki Ohnaga

株式会社mct
プロジェクトデザイナー/イノベーションコンサルタント

07 August

こんにちは。
mctの小幡です。


このたび、「101デザインメソッド」を活用した、より効果的なエスノグラフィックインタビューと分析方法を体験して頂けるワークショップを企画いたしました。
「エスノグラフィをやってみたいけど、どんなものかよく分からない」という方はもちろん、「エスノグラフィを体験したことがあるけど、うまく活用できなかった」という方にも、新しい発見がある内容となっております。どうぞお気軽にご参加ください。


今回のテーマ:「シニアの食生活」
-----------------------------------------------
・日時:2015年8月24日(月)13:00~17:30
・会場:mctワークショップ&インタビューハウス(千駄ヶ谷)
・定員:15名(先着)
・お問い合わせ/株式会社mct
tel: 03-3405-5135
東京 担当:大長(おおなが)ohnaga@mctinc.jp
大阪 担当:藤田(ふじた)fujita@mctinc.jp
-----------------------------------------------

Tomo Kobata
Tomo Kobata

株式会社mct
エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

06 August

こんにちは。
mctの小幡です。
ワークショップのご紹介です。

2015年8月21日(金)14:00~18:00
『 チームのマインドセットを革新するインプロ(即興劇)手法 体験ワークショップ 』

11846504_943216032391320_5241394117464006175_n.png

"即興劇"を意味する"インプロ"には「相手を受けとめ、肯定的に捉え、柔軟に対応し、自分の役割を発揮する力」が必要とされます。ビジネスでも同じことがいえそうですよね?講師に、インプロシアターTILT主宰の佐久間一生さんをお招きして開催します。

-----------------------------------------------
・会場:mctワークショップ&インタビューハウス(千駄ヶ谷)
・定員:20名(先着)
・お問い合わせ/株式会社mct
tel: 03-3405-5135
東京 担当:大長(おおなが)ohnaga@mctinc.jp
大阪 担当:藤田(ふじた)fujita@mctinc.jp
-----------------------------------------------

Tomo Kobata
Tomo Kobata

株式会社mct
エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

こんにちは、mctの藤田です。

次回のイノベーションサロン『上町座』は、8/3(月)、大阪イノベーションハブさんと共催です。東京大学先端科学技術研究センターの森川博之先生をお招きして、IoTに関するセミナー&セッションです。ご参加希望の方は、藤田までメールでご連絡ください。(連絡先は添付参照)先着順ですので、お申し込みはお早めに!

また、今回はOsaka Hackers Club会員、iRooBO会員はセミナー&セッションについては参加無料です(懇親会は¥3,000)。まだ会員でない方は下記URLを参照にご入会いただき、是非是非ご参加ください。

Osaka Hackers Club
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=16367

iRooBO
http://iroobo.jp/admission

11754937_933923333320590_3638457728319957530_o.jpg

Yosuke Fujita
Yosuke Fujita

株式会社mct
プロジェクトデザイナー/イノベーションコンサルタント

08 June
2015年06月08日 16:35

Patient Journey Workshop 2015

topics_03.jpg

こんにちは。mctの大長です。

来たる7月15 日(水)@東京、株式会社インフロントさま主催で、製薬会社のマーケティング担当者さま向けのセミナーを開催いたします。
弊社からは、UXPチームの北村が講師として登壇します。

『Patient Journey Workshop 2015 ~難病・希少疾患患者さんとのエンゲージメントを獲得するために~ 』と題して、難病・希少疾患における医薬品マーケティングのあり方を患者視点で見直すための"気づき"をご提供できればと考えております。

当日は、レクチャーはもちろん、"患者ジャーニーマップ"作成と"患者中心アイディエーション"開発を体験いただける簡単なワークショップ形式を織り交ぜて進行してまいります。

セミナーの詳細、および、参加お申込みは下記リンクから。参加費は無料ですので、ぜひお気軽にご参加ください。
https://infrontinc.jp/pjws/

Nobuyuki Ohnaga
Nobuyuki Ohnaga

株式会社mct
プロジェクトデザイナー/イノベーションコンサルタント

こんにちは、mctの藤田です。
ワークショップのご案内です。

11110241_794756650601859_5005545959352221878_o.jpg


5/18(月)14:00-17:00、弊社パートナーであるデビッド・トングさんを招いてラピッドプロトタイピングの体験ワークショップを開催いたします。大阪イノベーションハブさんと共催です。まだ少し席に空きがありますので、ご参加希望の方は、早めにお申込みをお願いいたします。

Yosuke Fujita
Yosuke Fujita

株式会社mct
プロジェクトデザイナー/イノベーションコンサルタント

11156275_893766734002917_67264137753865517_n.jpg

mctでは、『101デザインメソッド』の日本での導入コンサルティングとして、『101デザインメソッド』を体系的に習得できる「トレーニングプログラム」を提供しています。
企業の商品開発部門、マーケティング部門を対象に、人間中心イノベーションの考え方や具体的なプロセス・手法の理解から、部門・チームへのプロセス・手法の導入までをご提供する、日本で唯一のトレーニングプログラムです。


10年ほど前から、欧米をはじめとする世界中の先進的な企業は「ユーザーの隠れたニーズを捉える」ための新しいアプローチを全面的に導入し、成果を得ています。
さらに、コモディティ化の加速や製品ライフサイクルの短命化などにより、個別の製品・サービスで差別化し続けることが難しくなっている状況を背景に、革新的な商品開発/マーケティングのプロセスや仕組みそのものを自社に取り入れ、持続的な競争優位の源泉にしようとする動きが強まっています。

今年2月、数々の先進的な企業にイノベーションをもたらしてきたヴィジェイ・クーマー教授(イリノイ工科大学デザインスクール)の著書『101デザインメソッド』の日本語版が発刊され、いよいよ日本企業においても新しいアプローチの導入が加速することが予想されます。

■『101デザインメソッド』を採用するメリット
人々の潜在ニーズを捉え、問題をリフレームし、ゲームの枠組みを変え、優れたアイデアを生み出し、ソリューションに統合する一連のステップを、繰り返し実行できる信頼性の高い方法論として体得することができます。
・どのようにプロジェクトを進めていくのか共通の理解・納得が得られる
・規律ある進め方で進捗が可視化されるため、根拠のある効果的な修正ができ、方向転換がなくなる
・具体的な手順に落とし込まれているため、繰り返し使え、学習効果も高まりやすい

■こんな方々にお勧めします
・商品企画や製品開発などに携わる組織、チーム
・イノベーションのための"創造的思考法"を体得したい組織、チーム
・顧客の感情や顧客視点を理解して業務に取り入れたい組織、チーム


■プログラムバリエーション

[1]基本トレーニングコース(3日間)
「人々の潜在ニーズを捉え、問題をリフレームし、ゲームの枠組みを変え、優れたアイデアを生み出し、ソリューションに統合する」一連のステップを『101デザインメソッド』のコアメソッドの体験を通じて理解していただくプログラムです。

[2]実践トレーニングコース(3ヶ月間)
実際のビジネステーマを設定し、『101デザインメソッド』の7つのモードごとに、1ヶ月2回の終日セッションを実施。プロジェクトに沿って、全体プロセスと各モードのマインドセットやメソッドを、実践レベルで学習していただくプログラムです。
*プログラムの詳細、ケーススタディなどは下記よりお問い合わせください。


■お問合わせ
お問い合わせは「コメント」もしくは「下記フォーム」からどうぞ。
担当:大長(おおなが)
https://www.daishinsha.co.jp/mctinc/contact/index.html


体験セミナーのご案内
『101デザインメソッド』のエッセンスを2時間で体験いただくセミナーです。
日本語版の出版元である英治出版との共催です。

『101デザインメソッド』2時間体験セミナー@東京
2015年6月3日 (水) 19:30-22:30
http://peatix.com/event/86644

『101デザインメソッド』2時間体験セミナー@大阪
2015年6月12日 (金) 19:30-22:30
http://peatix.com/event/86662

Tomo Kobata
Tomo Kobata

株式会社mct
エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

Back to Top